2017年10月16日

奇跡のお米新米入荷しました。


奇跡のお米「女神のほほえみ」、新米入荷しました。
「女神のほほえみ」とは!
愛知県豊橋市で発見した奇跡のお米です。
平成24年、豊橋市の河合さんが奇跡的に発見した新種のお米が「女神のほほえみ」です。河合さんが育てる人気ブランド「龍の瞳」の田んぼの中から、銀色に輝く神秘的なヒゲの生えた稲穂を見つけました。

その稲穂は、不思議なことに広い田んぼの一株(25本〜30本の稲穂の束)の中の6本だけ長い銀色のヒゲがあり、なんと秋には黄金色に変わったのです。


これは自然の力が起こした奇跡と河合さんのお米作りへの情熱がもたらせたロマンあふれる「女神のほほえみ」が誕生しました。

銀色から金色に変わる神秘的な容姿はもちろんのこと、粒方も大粒で、ほどよい甘みと食感があり、冷めても美味しいお米、奇跡のお米「女神のほほえみ」を一度ご賞味ください。

  


2017年10月10日

玄米食にオススメ


新潟県産ミルキークイーンの新米入荷しました。

ミルキークイーンは、粘りが強く、もちもちした食感で冷めても硬くなりにくいのが一番の特徴です。

そのままでも美味しいのですが一般のお米やまだ古米が残ってるのであれば、ミルキークイーンを混ぜると良い食感や弾力がうまれ、より美味しくいただけます。


オススメご飯。
玄米食
おにぎり
お弁当
和食

  


2017年10月05日

新米入荷しました。


地元のお米、愛知県岡崎産コシヒカリ、富山県産ふくみつ米、新潟県コシヒカリ、魚沼産コシヒカリ、長野県産りんご米コシヒカリ、福井県産コシヒカリの新米入荷しました。

新米をさらに美味しくいただく炊き方をお教えします。

新米に適した浸水時間は、30分~2時間までで、夏場などは冷たいお水を使うのもオススメです♪

吸水したお米は、「生もの」になります。雑菌が繁殖することもあるので、できれば冷蔵庫の中に入れておきましょう!

炊きあがりのごはんの柔らかさは、浸水時間で変わってきます。

・短い時間(30分前後) 粘りが少なく、やや固めの仕上がりに。
・長い時間(30分~2時間) 中まで水分がいきわたり、しっとり粘り強い食感に。

【ポイント】お米は2時間でほぼ100%お水を吸い込んだ状態になります。それ以上の浸水は、お米がふやけて食感も風味も落ちてしまうので注意してください。

じっくりと浸けていた方が、アルファ化が進み、ふっくら甘いお米に炊きあがります。また、お弁当など冷めた状態で食べるときなども、長めの浸水で柔らかく炊く方が、固くなりにくくてオススメです♪

  


2017年08月07日

今ひそかに流行している脚気とは!?


ビタミンB1の不足が原因でおこる、脚気(かっけ)みなさんどのような症状がでるかご存知ですか?
もっと昔に流行した脚気ですが、最近は食生活の乱れやインスタント食品中心の生活などで脚気患者が増加傾向にあるようです。
脚気は体が妙に疲れやすくなったり、何をしてもやる気が出ない、眠い、体がむくむといった症状がでます。
症状をこじらせると、心臓や神経・脳の異常が見られ死に至る事があります。

防衛策のひとつとしてビタミンB1が豊富な玄米を食べるのをオススメします。
玄米初心者の方には、分づき米をオススメします。分づき米とは、分かりやすく言うと玄米と白米の中間のお米です。玄米のぬかをわざと少し残して精米して作ります。玄米の栄養素と白米のいいとこ取りの分づき米が今大きな注目を集めています。

当店は、農薬を極力減らしたお米、農薬・化学肥料を一切使用していないお米を販売していますので安心して玄米食や分づき米を食べていただけます。

当店は、お客様の健康を第一に考えお米を通して健康のサポートをできればと思っています。